カートをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS

 

HOME
> Book > HIRO

書籍 Racing Pictorial Series No.51 Grand Prix 1975 Part 02

Racing Pictorial Series by HIROの第51弾は、前号に引き続き、1975年シーズンにフォーカス。
磐石の312T+ラウダに闘いを挑んだ玉石混淆のライバル達、その姿を捉えたアーカイヴの第二弾をお届けします。
今号PART-02の巻頭を飾るのはラウダ+フェラーリの牙城に迫る事が出来た唯一の存在、エマーソン・フィッティ
パルディ擁するマクラーレンです。フェラーリ312T 同様、M23 も既刊で特集しておりますが、改めて名機M23 の
流麗なプロポーションと特異なメカニズム・ディテールをご確認頂ければ幸いです。
今号で特にご注目頂きたいのは、“ハント・ザ・シャント(壊し屋ハント)”という有り難くないニックネームで知られた
悪童ジェイムス・ハントが駆り、第一線に躍り出たヘスケス308。鬼才ハーベイ・ポストレスウェイトの名を世に知ら
しめる事にもなったエキセントリックなマシーンと極めて個性的なチームの有り様、そして終盤に登場した新型308C
のディテールも収録しました。
シェクター+デパイユの名コンビを擁してタイプ007 の改良版で闘うタイレルや、ロニーとイクスという二人の天才を
揃えながらタイプ72 の旧態化で凋落するロータスは、それぞれ懸命のモディフィケーションに注目です。
セカンドグループ以降でも、人気者ジャック・ラフィーを擁するウィリアムス、グラハム・ヒル率いる悲運のエンバシー・
ヒルとトニー・ブライス、エンサイン、ワトソン駆るサーティース、そしてコパスカーフィッティパルディ等、ユニークな
マシーンを捉えた稀少な写真の数々を収録致します。
玉石混淆の1975 年グランプリ、そのPART-02 もジョー・ホンダ渾身の写真で是非お楽しみください
■収録予定 画像点数は…
カラー  :約700点
■収録予定チームは…
●1975年
マクラーレン、ヘスケス、タイレル、ロータス、ウィリアムズ、ヒル
エンサイン、サーティース、コパスカーフィッティパルディ
■収録レースは…
●1975年
スウェーデンGP、オランダGP、フランスGP、イギリスGP、アメリカGP

書籍 Racing Pictorial Series No.51 Grand Prix 1975 Part 02

価格:

3,394円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる


商品の取り寄せ、新製品予約希望など
上記の「この商品について問い合わせる」からお気軽にご質問ください。
折り返しご案内いたします。

ページトップへ